アウトドアとDIYとサッカー

アウトドアとDIYとサッカーを子どもと一緒に楽しむ趣味炸裂ブログ

スポンサードリンク

コールマン 焚き火台 ファイアーディスクプラス デカい

コールマン 焚き火台 ファイアーディスクプラスは超デカい

https://ec.coleman.co.jp/shop/S00060/prdct/00/68/53/2000032516.jpg

先日、印西のワイルドワンに行ったら一際目を引くデカさのファイアーディスクを発見っ!
こんなデカかったっけ?と思ったら「プラス」の文字が!
という事で、今日はファイアーディスクプラスをご紹介(^_^ 

 

 

見た目のインパクトがすごい

今までのファイアーディスクは、言うなれば結婚式の大盃クラスだったけど、これはムリ。これで大盃をしたら完全に逝ってしまう大きさ。

でも心配しないで下さい。

これは焚き火台ですw

 

ファイアーディスク   直径 45cm

ファイアーディスクプラス直径 60cm

 

お皿の大きさが5cm違ったら全くの別物ですよね?それが15cmです。

デカいです

 

大は小を兼ねる

https://ec.coleman.co.jp/shop/S00060/prdct/00/68/53/2000032516_6.jpg

道具はコンパクトな方がいい。

でも、焚き火台は大きい方が楽しいし、雰囲気がでる。

ファイアーディスクプラスは

大きいから、より焚き火が楽しめる

大きいから、もっとお肉が焼ける

大きいから、お肉の隣にスキレットが置ける

大きいから、みんなで囲める

大きいから、使いやすい

 

大きくなっても3秒位設営

もちろん3秒設営。

と、言いたいところだけど大きいので5秒ください!w

今度3秒で出来るかお店で試してきます!w

 

大きくなってもスッキリ収納

 

https://ec.coleman.co.jp/shop/S00060/prdct/00/68/53/2000032516_3.jpg

 大きくなっても、ファイアーディスクとほぼ同じ厚みで収納できます

 

焚き火台とグリルは分けるべき

これはいつも思っているのですが、焚き火台でも焼き網は付いているのでBBQは出来ます。でも、焚き火台は焚き火台、BBQはグリルでやるのがベストだと思います(^_^)

www.gascoco.com

 

スポンサードリンク