アウトドアとDIY

アウトドアとDIYを子どもと一緒に楽しむ趣味炸裂ブログ

スポンサードリンク

サイドに起点を作り出す悪いクセ 鹿島アントラーズの負けパターン

仙台戦のアントラーズは負けパターンに陥った

結果から言ってしまえば1-2で仙台の勝利

 

まずは、仙台のサイド。両ウィングと言える程張り出した選手の頑張りがすごかったですね。野津田・石原・関口、全く捕まえられませんでした。鹿島のサイドアタックを封じつつ攻撃の起点をつくる監督の鹿島対策だとしたら、してやったりの作戦です・・・。

そりゃ、試合後のインタビューで「うれしいですね」って言っちゃいますよ。

 

前半はもう最悪の出来ですね(まぁ後半もなんですけど)

長崎戦・浦和戦と実践してうまくいっていた、ディフェンスラインを下げてプレスもセンターサークル付近からにし、全体をコンパクトにする作戦を放棄。あと小笠原は頭で考えてるプレーと実際のカラダの動きにギャップが出てきているのかもしれないね。寂しいけど、引退が近いと感じる出来だった。中村に関してはいつも通りの言葉を失う出来・・・。

 

後半は、小笠原・中村OUT犬飼・優磨INでまさかの3バック。

一見すると見た目のボール保持率も上がり、攻めている様にみえるんだけど、完全に負けパターンにはまりました。

金崎や優磨がサイドに降りてきてボールを受けようとすると、もちろんDFもついてきますよね。そうすると走り込んでくるサイドのスペースもなく、センタリングをあげるにもFWがいない。金崎や優磨が中央に降りてくると、遠藤・土居がサイドに流れてスペースがなくなる。

サイドに起点を作り出す悪いクセ。

鹿島の攻撃の特徴はサイドアタックなんですが、起点はあくまでも真ん中、ボランチかOMFなんです。

強い時の鹿島はボールが、センター・サイド・センター・サイド・トップと回るけど、弱い時の鹿島はサイドでキープはしているけどボールは回っていない。

 

だから、今日の鹿島は負けパターンなんです。

 

鹿島っぽくない安部の良さ

ドリブルでの果敢な仕掛けと追い越す動き。

鹿島っぽくないですねw

 

シザースフェイントをやらせたらC・ロナウドかKAZUかABE。

 

それくらいワクワクする選手で、途中出場するとやってくれそうな雰囲気がありますし、現に追い越す動きから優磨にアシストも決めてくれました!

俗にいう、独特の間合いを持っている選手なのでこれからの活躍に期待です。

 

 

中断期間でどうなるか

ジーコ来日でそのまま監督になってくれるのかと思っていたら違ったみたいです。

大岩監督の統率力と采配力には疑問が残りますが(どっから目線)しっかりと立て直し、残り全勝のミラクルをみせてもらいたいです

がんばれアントラーズ!

 

www.gascoco.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク