アウトドアとDIY

アウトドアとDIYを子どもと一緒に楽しむ趣味炸裂ブログ

スポンサードリンク

ハリルの出来なかった世代交代が西野監督により完遂される

予想通りのロシアワールドカップメンバー

 ガーナ戦翌日、西野監督率いるサムライブルー23名が決まり、若手と呼ばれる3名が悔し涙をのんだ。もちろん、コンディションの問題や純粋に力不足なのもある。

 

 23名の枠には本田・香川・岡崎が入った。怪我等を抱えていた選手もいるが、ハリル体制のままでは「ほぼ」メンバー入りは叶わなかったであろう3名だ。この3名に押し出される形で中島・久保はメンバーを外れている。(もう1枠はサプライズ枠)

 

 前任者のハリルは若手を積極的に器用し、コンディションの維持とチームでの活躍を要望した。それに沿う選手は選出され、チームでのポジションを失った選手は選外となっている。非常にわかりやすい選考基準だが、選ばれた選手は試合で思った様な結果を残す事が出来ず、サッカーも「日本的」ではないと解任となった。

 

 なぜ、本田・香川・岡崎が復帰したのか?よくメディア枠、スポンサー枠と言われるが恐らくその通りだろう。普段サッカーを見ない人に「今日、ポルトガルでベストイレブンにも選ばれた中島でるよ!」と言っても気のない返答だろうが、「今日、久しぶりに香川が試合でるよ!」と言ったら、じゃぁ見てみようかなと思うかもしれない。SNSの間の広告に香川が出ていれば目に止まるが、久保じゃ目にとまる率が少ないかもしれない。選手には申し訳無いが協会もお金が、TV局は視聴率が、スポンサーは見返りが必要なのだ。

 

悲壮感が漂う西野監督

 会見や写真で見る西野監督の表情に笑顔な無く、悲壮感が漂っている。西野監督は、要請を受けた時点でベテランと玉砕の覚悟と推測する。もちろん、前出の選手が活躍し結果が出れば、スポンサーは大喜び、選手も満足し、自身の経歴にも箔が付く。そして選手は代表引退を宣言し、西野監督は勇退する。

 

もう1つのプランは、前出の選手を使い、思う結果が得られなかったとしてもスポンサーの意向はくんだ。選手は念願のワールドカップにも出られた。悔しいが代表は引退すると宣言し、西野監督は次期監督に引き継ぎ完了とする。

 

ワールドカップ後の新しい日本代表

 新しい日本代表監督が誰になるのか?噂になっている森保さんなのか、まさかのヴェンゲルなのかわからないが、そこにはベテランもスポンサー枠もない。いや、スポンサーは新しいヒーローを探している状態だろう。

 宇佐美、柴崎、武藤、中島、久保、堂安、もしかしたら久保君が日本代表の新しい顔になっているかもしれない。レアルの中井君も次のワールドカップの頃には・・・。

 

 今回選ばれたメンバーの3分の2が最後のワールドカップになるだろう。侍には「一所懸命」という言葉がある。選手には自分のポジションで決して負けず頑張ってほしい。日本人はたとえ負けたとしても、一所懸命に戦った者には敬意を表する文化がある。TVの前のサポーターにも伝わる程の気持ちを見せてほしい。

 

がんばれ日本!

スポンサードリンク