アウトドアとDIYとサッカー

アウトドアとDIYとサッカーを子どもと一緒に楽しむ趣味炸裂ブログ

広告

コールマン 焚き火台 ファイヤープレイスⅢ 使ってみました

コールマンのファイヤープレイスⅢを購入したので早速使ってみました

f:id:kashima-s-ambition:20170919214638j:plain

 

こんにちは^^ガスココです。

今日は、以前購入したコールマン ステンレスファイヤープレイスⅢを実際に使用してみたので紹介していきますっ。

 

 井げた式が最高の雰囲気を演出する

みなさんキャンプと言って何を思い浮かべますか?

キャンプファイヤー? 

それなら、ファイヤープレイスⅢは自分のサイトにいながらキャンプファイヤー(ミニ)が出来る最高の焚き火台ですっ。

 

実際サイズを見てもわかる通り、その辺の焚き火台とは深さが違います。深い、そして井げたにより薪をガンガンいれられるのです。

焚き火を前にテンションの上がった子ども達が薪をガンガンいれても薪がこぼれるなんてことはほぼありません。(保証はしないぞ)

 

トライポッドいらずでダッチオーブンが使える

ダッチオーブンを使いたい時ってどうします?大抵はトライポッドプレイスタンドっていう3本か4本足の道具を使うんですが、平気で5000円位します・・・。

でも、ファイヤープレイスⅢなら持ち手の部分が内側に折れてダッチオーブンもおける台になってしまうのです。

ダッチオーブンが置けるということは、スープを作る鍋も、飯ごうも置ける!

 

※写真がなくてステンレスポッドを置いた場合です(T_T)

f:id:kashima-s-ambition:20170919222530j:plain

コールマン ファイアープレイススタンド 2000021888

コールマン ファイアープレイススタンド 2000021888

 

 重さが気になるって?

他のみなさんのご意見で重いんじゃないか?というのがあります。

確かに約5.6kg。この数字をみたら同じコールマンのファイヤーディスクよりはるかに重いです。でも、全然気になりません。

だって、

オートキャンプじゃないですかw

運んでも、3mですw

3m頑張れば最高の焚き火が出来ます!!!!

 

焚き火と鍋系専用にしよう

ファイヤープレイスⅢは、焚き火、ダッチオーブン、焼き網と、3通りの使い方が出来ますが、BBQは他のグリルでやった方が良さを発揮できると思います。

なぜなら、先に言った様に「深さ」があるので焼き網の火加減が難しいです(T_T)

炭だと弱いし、薪だと焦げますw

良さを発揮する為にもファイヤープレイスⅢと、BBQグリルの併用がおすすめです。

 

帰宅後の掃除までがキャンプです

遠足みたいな事を書いてごまかしてますが、掃除は正直面倒です(>_<)

井げたとメッシュが交差?してるので、たわし等でかなりゴシゴシする必要があります。

最高の雰囲気を演出してくれ、さらに定価18,000円(税込み)超えです。気合いを入れて掃除すれば長く使えると思います(^_^)

 

コールマン ステンレスファイヤープレイス3 2000023233 焚火台

コールマン ステンレスファイヤープレイス3 2000023233 焚火台

  • 出版社/メーカー: Coleman(コールマン)
  • メディア: スポーツ用品
  •  
 

 

 

商品説明・仕様

商品名:ステンレスファイヤープレイスⅢ

価 格:¥18,144(税込み)

仕 様:焚き火を楽しむ最適なデザインと料理も出来るマルチユース

  • 空気の流れを作りやすく、燃焼効率の高い井げた式ボディ
  • コンパクトに収束でき、持ち運びや収納に便利
  • 収納ケース付き

 

  • サイズ:使用時 約41.5×46.5×34.5(h) 
  • サイズ:収束時 役41.5×30.5×15.5(h)

重 量:約5.7kg

材 質:ステンレススチール、他

付属品:焼き網、収納ケース

 

 

 

広告